認定英語資格とは

今まさに時代が求めているのは、
子どもに英語を教える先生です。

  • Point1物おじしない、
    グローバル人材の育成
    2020年東京オリンピック開催と、
    その後の日本の高まるグローバル人材へのニーズ
  • Point2小学校英語必修化による
    英語教育改革
    幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け
    英語講師派遣、幼児向け英会話教材市場の成長
  • Point3語学ビジネスの拡大・成長ビジネス環境においても、英語は必須のスキルになります。

なぜ子どものうちから
英語を学ぶ必要があるのか

玉川大学文学部教授・言語学博士
小田 眞幸Masaki Oda

学習指導要領の改訂で小学校高学年で「外国語」が教科化され、ほとんどの学校では「英語」が実質的に必修化されます。また2020年に開催される東京・オリンピック等にともない日本訪問者の増加が予測されることから、子どもの英語の学習が一段とブームになりつつあります。しかし残念なことにこういったブームに乗り、大人の自己満足を満たすだけの児童英語教育プログラムが沢山あります。本資格は子どもが将来どのように英語と関わっていくのかを考えながら、国際共通語としての英語学習のスタートを支えるインストラクターを養成するために設立されたものです。

早稲田大学理工学術院教授
(創造理工学部経営システム工学科)・工学博士
大野 高裕Takahiro Ohno

グローバルが当たり前の時代を生きるこれからの子どもたちには、世界共通のコミュニケーションツールである英語の修得が欠かせません。しかし、スポーツと同じように、優れた指導者、確立された指導方法に出会えるどうかが、子どもたちの能力向上のスピードと到達レベルの鍵を握っています。CEIAを通じて、英語教育に関心のある方々が、一人でも多く子どもたちに寄り添える優れた英語教育の指導者となり、子どもたちの笑顔に包まれるような活躍されることを期待しています。

株式会社パソナフォスター代表取締役社長、
株式会社パソナグループ執行役員
長畑 久美子Kumiko Nagahata

CEIAでは、「子どもたちが、世界のどこでも、だれとでも、臆することなく意見をかわし理解し合うことができる、地球規模の視野をもった人になってほしい」と願っています。
今後必要不可欠な世界共通言語である「英語」。この「英語」を、日ごろからあらゆる場面で身近な大人たちがコミュニケーションツールとして活用する社会になれば、子どもたちの英語のスピード習得や異文化への興味、社会(世界)との交流が楽しいと感じることに繋がるのではないでしょうか。
働き方が多様化している今こそ、大人たちが改めてこのAcademyで学び、資格を取得し、ご自身のライフイベントとも“共生”しながら、子どもたちの成長を支援することができます。
保育分野の皆さんのキャリアアップ、これからの復職や副業、またセカンドキャリアとして、CEIAの活用を願っています。