CEIA協会とは

Mission

世界のどこでも、誰とでも、臆することなく
意見を交わし理解し合うことが
できる、
地球規模の視野をもった子どもたちを育てます。

21世紀に入り、ヒト、モノ、情報のグローバル化のスピードはますます加速しています。

さまざまな価値観が交錯するグローバル社会を生きていく子ども達にとって、今まで以上に大きな力となるのは、異なる文化や言語を持つ人々と交わり、多様性を認め、理解しようとする能力です。

相手を理解し、自分を知ってもらうためには、世界の共通言語である「英語」というツールが必要不可欠です。

一般に、日本人がネイティブなみの英語を習得するには3000時間と言われ、 週1回50分の英語学習だけで実現するには、46年間かかる計算になります。これを効率的・効果的に短縮するためには、


1.幼児という早い時期からの英語教育

2.子どもの発達段階に応じた楽しみながら無理なく英語を習得できるメソッド

3.子どもを理解し共に学べる講師

4.コミュニケーションの楽しさを味わえる教材
の4点が必要です。

これらを実現し、グローバル社会で生きていく子どもたちを育てていくため、私たちは、一般社団法人 子ども英語インストラクター協会(CEIA)を設立しました。

Vision

世界に羽ばたく子どもたちを応援し、
日本のグローバル化に貢献します。

子どもの好奇心を高め、コミュニケーションの楽しさを教え、可能性を広げ、英語が好きな子どもを育てます。

Value

働く人それぞれのライフスタイルにあった
働き方を支援します。

会員の育児や学習、就業経験を活かして、女性やシニアが活躍でき、社会との繋がりを実感できる環境を提供します。

アンバサダーのご紹介

CEIA協会 代表理事/ブリタニカ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
小槌 健太郎Kentaro Kozuchi

早稲田大学法学部卒業。日経BP社で、雑誌・Webサイト編集記者、新規事業開発、子会社の日経ナショナル・ジオグラフィック社でのデジタルメディア開発責任者などを歴任。その後、アドビシステムズ株式会社および株式会社楽天でのデジタルコンテンツ事業開発を担当、2013年よりブリタニカ・ジャパン株式会社で事業戦略責任者を経て、2016年1月に代表取締役社長に就任。自らグローバルビジネスに積極的に取り組んできたなかで、日本に世界で活躍できる人材が育っていないことに危機感を抱き、幼児期から英語に慣れ親しむことの重要性を痛感、グローバル人材育成やサービス開発に力を入れている。

CEIA協会 理事/株式会社ナイスク取締役会長
松尾 喬Takashi Matsuo

早稲田大学政経学部中退。同社はスポーツ事業を主催するほか、出版制作事業部としてビジネス、趣味、スポーツ、健康系の雑誌・書籍を制作。映像制作事業部としてテレビ番組やCM、DVDの制作、企業支援事業部として上場企業などの事業計画策定や販促支援、研修などに携わっている。

URL http://naisg.com

一般社団法人日本写真講師協会代表理事、同公民ビジネス活性化協会理事、同グローバル人材キャリア支援協会理事(いずれも現任)。㈱キタムラ取締役(2012退任)。著書は『自衛隊の仕事術』『仕事でぶつかる壁を突破する技術』『営業マンが壁にぶつかったら読む本』『あのダメ社員はこう直す!』など多数。講演、研修も多数。

CEIA協会 理事/ブリタニカ・ジャパン株式会社 相談役
奥井 直彦Naohiko Okui

立教大学経済学部卒。大学卒業後、安田生命保険相互会社(現明治安田生命保険相互会社)に入社。その後ベルリッツ・ジャパン株式会社にて営業統括責任者、人事統括責任者、マーケティング統括責任者、管理部統括責任者等ゼェネラルマネージャーとしての経験を積み、2000年に日本ブリタニカ株式会社代表取締役社長に就任。エンサイクロペディア・ブリタニカ・ホールディング・エス・エイの日本の代表を兼務した後、2002年に現在のブリタニカ・ジャパン株式会社の代表取締役社長に就任。在職中にプリントビジネスからデジタルビジネスへの移管を推進し、さらに幼稚園や幼児向け英語教育プログラムを開発、商品化。2016年、現社長の小槌にバトンを渡す。

CEIA協会 理事/ブリタニカ・ジャパン株式会社 幼児英語教育事業部事業長
疋田 千束Chizuka Hikita

英国国立ウェールズ大学経営学修士MBA、青山学院女子短期大学児童教育学科・同専攻科卒。保育士、幼稚園教諭。ブリタニカ・ジャパン株式会社幼児英語教育事業部事業長。大手幼児教室での事業拡大/リストラクチャリングの成功を経て、コクヨ株式会社にて幼児向け海外教育のセレクトスクール事業に参画。その後、幼児から社会人まで幅広い世代における教育/人材育成とそれらを促進させる環境規定要因の研究・研修事業を経て、2015年よりブリタニカ・ジャパン株式会社にて現職。幼児教育一筋20云年の末、すべての人の成長にとって最も大切なのはコミュニケーション力・プロアクティブなチカラにあるという結論にたどり着き、幼児期の真のグローバル教育の普及のために奔走中。

CEIA協会サポーター

玉川大学文学部教授・言語学博士
小田 眞幸Masaki Oda

玉川大学文学部卒業後渡米、セントマイケルズ大学修士課程(MA in TESL/TEFL),ジョージタウン大学博士課程(Ph.D. in Applied Linguistics)を修了後、同大学中国・日本語学科講師を経て、現在玉川大学文学部教授、ELFセンター(CELF)長。専門は言語政策・言語計画、マスメディア論、批判的ディスコース研究。
現在、JACET学術交流担当理事AsiaTEFL副会長、AILA言語政策部会アドバイザー。

早稲田大学理工学術院教授
(創造理工学部経営システム工学科)・工学博士
大野 高裕Takahiro Ohno

思い出づくり研究所所長、日本リアルオプション学会会長・日本経営システム学会常任理事・日本経営工学会理事を歴任、早稲田大学留学センター所長・国際部長・教務部長・理事を務める、学術専門領域は企業評価、コストエンジニアリング、マーケティングサイエンス等広範囲に亘り、企業等との共同実践研究の実績多数。主な著書に『はじめての人の損益計算書入門塾』『多変量解析入門』など。

株式会社パソナフォスター代表取締役社長・
株式会社パソナグループ執行役員
長畑 久美子Kumiko Nagahata

東北福祉大学非常勤講師。パソナフォスターでは、保育施設、学童施設、臨時託児施設などの子育て施設を全国で、復職者へのセミナー、プレママ・パパ、キャリアママ・パパの交流促進などをおこなって、保護者への情報発信やネットワークづくりを実施。パソナフォスター内に「保育Academy」を開講するなど、未来ある子どもたちを育む環境づくりにも取り組んでいる。

事業内容

  1. 1. グローバル人材育成の拠点となる法人の認定事業
  2. 2. グローバル人材育成に資する専門家の育成支援事業
  3. 3. グローバル人材育成指導マニュアルの作成
  4. 4. グローバル人材育成に資する研修・セミナーの開催
  5. 5. グローバル人材育成に関する情報発信と書籍発行
  6. 6. 前各号に掲げる事業に係わる情報の提供
  7. 7. 前各号に掲げる事業に付帯関連する事業

一般社団法人子ども英語インストラクター協会(CEIA)

東京都品川区西五反田8-3-16西五反田8丁目ビル

設立年月日:平成29年8月3日

電話番号:03-5436-2712

e-mail:info@ceia.or.jp